婚活という言葉。

 

日本には就活という言葉がある。

いわゆる「就職活動」だ。

しかし近年よく聞かれる言葉にさらに「婚活」という言葉もよく聞かれる。

この「婚活」、まあ言ってみればお見合いなんだろうけれども・・・いかにも就活にちなんで「婚活」というあたり、いかにも日本らしい(笑)

ただ単に「お見合い」もしくはアラフォー時代の生まれ言葉「合コン」程度なら良いものの、わざわざ婚活などという言葉を作るあたりに私は正直言って違和感を感じざるをえない。

最近自分の生徒である新人社会人が久しぶりに高校時代の友人達と集まって飲み会をしたところ、友人たちの共通の話題はこの「婚活」と「いつ結婚して寿退社するか」という話題だったらしい。

確かに若い子にとっては就職が決まって彼氏が出来たとくれば次の話題は・・・やはり結婚なのだろう。

まあ、いつまでも定職につかずにぶらぶら遊んでいて、結婚する気もなくつきあっているよりかはまだ、建設的な考えを持っていること自体は大変いいことだと思う。

親もその方が安心だ。

しかし・・・しかしである・・・。

何でこうも日本人は「活動」という形が好きかね?・・・と思う私自身がさっぱりHPを更新せず、さりとてなんら演奏動画もUPしないあたり、何ら活動を怠けている奴が言う資格はないかもしれないが・・・。

でもねえ・・・せっかく猛勉強して大学に入って、苦労してこの氷河期に結構名の通った一流企業に入って・・・それが2〜3年経った段階で・・・え、寿退社ですか???。

でもまあ、確かに回りがどんどん結婚して退社していくと多分不安になるんでしょうね。

その気持ちはわからなくもない。

何たって自分も回りが一般大学を受験して入っていくというのに自分だけ音大に行くもんだから、周りの連中は「?」だった。

就職活動においても、回りは汗水たらして奔走している時に優雅にピアノばかり弾いていて、みんなが結婚に出産ラッシュ、そして子供がそろそろ成人になる時期に自分は一匹狼を目指して・・・?いやただ単に捨てられただけか(笑)

全くもって人間が歩むべき道を私はことごとく踏み外しながら生きている。

自分でも思うが私は全くのアウトロー人間である。まあそれでも浮浪者になっていないだけましだろう。

こういう人から外れた行き方をして少しは不安を感じないのか?・・・と言われれば・・・まったくもって不安である(爆)

その節目節目で「これでいいんだろうか?」と不安に思ったことはすべてである。

教室を開くことに関してもこれ以上の不安はなかっただろう。

誰だって人間が歩むべきレールに外れることほど不安なことはない。

そしてそのレールとやらは、恐らく一番安泰で安全に暮らしてくためには必要不可欠なレールなのだ。

ただまあ・・・そういうレールの行き方にもし・・・もしも・・・退屈とか、刺激がないとか・・・目標がないとか・・・そう思ったら・・・踏み外しても良いと思う。

人の人生に私はケチを付けるつもりはない。単純に自分が幸せだったらいいのだ。

平凡であっても毎日困らずに平穏に生きていけるならそれ以上に幸せなことはない。

人の人生はそいつが幸せだったらそれでいいのだ。

しかし・・・それが幸せでなくなったのなら・・・まあ道にそれても良いだろう。

だいたい・・・まあこれから婚活に一生懸命になっている女性にこういうことは言うべきではなきかもしれないが・・・せっかく高い金を払い、親戚を集めて、リカちゃん人形よろしく、着せ替え人形ごっこにつきあわされて(汗)あげくの果てには神父に「誓います」なんて言っちゃって・・・あーまったくもってアメリカ人でさえ、本物のクリスチャンにも嘘つきは多いもんだ。

まあこんな風に・・・人生のレールに外れてしまう人も結構・・・いやごく一部・・・ほんのfew、・・・いやたぶん誰かさんだけだとは思いますが・・・汗。

まあどちらにしても、そんな馬鹿な奴の真似してはいけない結末の可能性が万が一あったとしても自分に満足のいく行き方で、十分考えたのであれば婚活は別に良いと思う。

でもなあ・・・そういう「活動」という行為は私は苦手だなあ。

まあ婚活も「混活」なら、興味ありますが(嘘です)

 

 

2011.8.10